La Califfa(ラ・カリファ)【ピアノソロ楽譜 piano solo sheet music】Ennio Morricone(エンニオ・モリコーネ)

5.0
La Califfa(ラ・カリファ)【ピアノソロ楽譜 piano solo sheet music】Ennio Morricone(エンニオ・モリコーネ) 楽譜

Ennio Morricone(エンニオ・モリコーネ)のとても素敵な曲、La Califfa(ラ・カリファ)をピアノソロ楽譜にしました。
弾くのが楽しめる伸びやかな曲になります。
是非リラックスしてお弾きいただければと思います。

楽譜のダウンロードはこちら♪
Download sheet music(other than Japanese yen)

La Califfa(ラ・カリファ)ピアノソロ楽譜【最新情報】

La Califfa(ラ・カリファ)Ennio Morricone(エンニオ・モリコーネ)のピアノソロ楽譜をご購入いただきました【2024年5月16日】

ありがとうございます。とても嬉しいです♪

La Califfa(ラ・カリファ)【ピアノソロ楽譜 piano solo sheet music】Ennio Morricone(エンニオ・モリコーネ)のダウンロードはこちら♪

La Califfa(ラ・カリファ)ピアノソロ楽譜の販売を開始しました【2024年5月9日】

伸びやかでとても美しい曲です。
是非この機会にダウンロードしていただけると嬉しいです♪

楽譜のダウンロードはこちら♪
Download sheet music(other than Japanese yen)

「La Califfa(ラ・カリファ)」ピアノ楽譜付き動画で紹介

楽譜のダウンロードはこちら♪
Download sheet music(other than Japanese yen)

「La Califfa(ラ・カリファ)」と同じEnnio Morricone(エンニオ・モリコーネ)の曲を紹介

ニューシネマパラダイスメドレー

詳しくは、ニューシネマパラダイス【ピアノソロ楽譜】をご覧ください。

ニューシネマパラダイスメインテーマ

詳しくは、ニューシネマパラダイスメインテーマ【ピアノソロ楽譜】をご覧ください。

愛のテーマ(ニューシネマパラダイス)

詳しくは、愛のテーマ(ニューシネマパラダイス)【ピアノソロ楽譜】をご覧ください。

「La Califfa(ラ・カリファ)」と同じ映画音楽(サウンドトラック)を紹介

I loves you porgy(愛するポーギー)

詳しくは、I loves you porgy(愛するポーギー)George Gershwin(ジョージ・ガーシュウィン)【ピアノソロ楽譜】をご覧ください。

ムーンリバー / Moon River

詳しくは、ムーンリバー / Moon River【ピアノソロ楽譜】ティファニーで朝食を(Breakfast at Tiffany’s)をご覧ください。

The Whole Nine Yards / 冷静と情熱のあいだ

詳しくは、The Whole Nine Yards / 冷静と情熱のあいだ【ピアノソロ楽譜】をご覧ください。

Over The Rainbow / 虹の彼方に

詳しくは、Over The Rainbow / 虹の彼方に【ピアノソロ楽譜】をご覧ください。

When you wish upon a star / 星に願いを

詳しくは、When you wish upon a star / 星に願いを【ピアノソロ楽譜】をご覧ください。

あなたがいるから(You were there)

詳しくは、あなたがいるから(You were there)ピアノソロ楽譜をご覧ください。

紅の豚 / Porco Rosso【久石譲 / スタジオジブリ】

詳しくは、紅の豚 / Porco Rosso【ピアノソロ楽譜】久石譲 / スタジオジブリをご覧ください。

曲紹介

『ラ・カリファ』 (英語: Lady Caliph )は、アルベルト・ベヴィラックアが脚本・監督した1970 年のフランス・イタリア合作の社会 ドラマ映画です。 1971 年のカンヌ国際映画祭に出品されました。

イタリアのエミリア州では、別の経営破綻した会社から解雇された労働者との団結から、労働者たちが自力の実業家アンニバレ・ドベルドの工場を占拠した。この状況に対処するために、彼は交渉を開始します。従業員である美しく激しいイレーネ、通称カリファは、デモ中に労働者の夫を殺され、ドベルドと面会する。彼はストライキ参加者たちを職場に戻すよう誘導したいと考えているが、彼らは組合の指示と過激派による暴力の扇動との間に不確実性を示している。イレーネはドベルドの恋人となり、労働条件の更新と労働者の工場経営への参加を求める実業家の提案を聞くよう労働者に頼む。しかし、暴動は続いている。この実業家の姿勢は他の雇用主からは評判が悪い。ドベルドは恋人との別の会合から戻る途中、暗殺者に殺されてしまう。

キャスト
ウーゴ・トニャッツィ- アンニーバレ・ドベルド、実業家
ロミー・シュナイダー- アイリーン・「ラ・カリファ」・コルシーニ、労働者
マッシモ・ファリネッリ – ジャンピエロ・ドベルド、アンニーバレの息子
マリーナ・ベルティ- クレメンティーヌ・ドベルド、アンニバレの妻
グイド・アルベルティ- カトリック司祭
ロベルト ビサッコ- ビサッコ
ジジ・バリスタ- 主要な実業家
マッシモ・セラート- 失敗した実業家
エヴァ・ブラン – 失敗した実業家の妻
ルイージ・カゼッラート – 警察長官
ジジ・レダー- 使用人
エルネスト・コッリ- 労働者
エンツォ・フィエルモンテ- 労働組合活動家

音楽
この映画の音楽はエンニオ・モリコーネによって作曲されました。

出典:フリー百科事典ウィキペディアより

タイトルとURLをコピーしました